« 合併 | Main | コニカミノルタα-sweet Dファーストインプレ。 »

September 03, 2005

カメラを売る

カメラを売るときには、いつも一抹の寂しさがつきまとう。

だからと言って、いつまでも手元に留めておくのはカメラにとっても良いことではない。

基本的に機械は、使われてこそ幸せなものなのだ。

つーことで、今日二台のカメラを売却した。

ひとつはKonica HEXAR Silver。

知る人ぞ知る、35mmF2単焦点レンズ付きの高級銀塩コンパクトカメラ。安っぽい外観に似合わず、描写は素晴らしい。そして私と共にインド・ブータン・タイやフィリピンを旅したカメラだ。思い出も多い。

しかしながら近年はめっきり出番が減り、かつHEXAR RF+ズミクロンAsp.F2という史上最強の35mm装備を手に入れてしまった今、思い出だけのためにいつまでも手元に置き続けるのもよろしくないだろうと、売ることにした。

んで、もうひとつはオリンパスのC-8080 Wide Zoom。35mm換算28~140mmズームレンズの付いた2/3インチ800万画素のデジタルカメラ。高画素機だけあってポテンシャルは高く、デジ一眼を凌ぐ画を作り出すこともある(…と言われる。私が実際比較したわけではないので確信は持てないけど)。

だが、私にとっては使いこなすことが難しいカメラであった。

まず、ファインダーがビデオカメラ等と同じEVF(液晶ビューファインダー)であること。動きものや逆光のシチュエーションで撮るときには使い物にならなかった。

もひとつ、小サイズCCDで高画素・高画質の画を作るため、基本感度がISO50であること。風景を撮るにはいいけれど、日常スナップで使うにはISO50ではしんどいため、結局ISO100デフォで使っていた。だがそうすると、結果として、このカメラのパフォーマンスを最大限生かすことができないのだな。

それからこれも好みの問題ではあるが、CCDサイズが小さいため、望遠域で使っても銀塩の望遠レンズで撮ったときのようなボケや圧縮効果が得られないこと。そんなことは買う前からわかってるだろーが、と言われればそれまでだが、やっぱこのクラスのカメラを使うときには、コンパクトカメラ以上の期待をしてしまうから…。

しかしこれらの点さえ気にならなければ、このカメラはかなり良いと思う。なんだかんだ言って一眼レフより軽くて小さいし。実際、査定額も結構高かった。

と、いうわけで2台のカメラを売って、約70k¥。

今回得た軍資金に若干の小金を足して、だな。

boxofnewcomer

←――(゜∀゜)―――(以下明日以降に続く…

|

« 合併 | Main | コニカミノルタα-sweet Dファーストインプレ。 »

■Photo / Camera」カテゴリの記事

Comments

あっ・・・

Posted by: y.tamaki | September 03, 2005 23:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カメラを売る:

« 合併 | Main | コニカミノルタα-sweet Dファーストインプレ。 »