« August 2005 | Main | October 2005 »

September 2005の11件の記事

September 24, 2005

ネコのいた洋食屋

近所に、お気に入りの洋食屋が一軒あった。

駅前の歓楽街にあるのに夜9時には営業終了してしまうので、それほど頻繁に行っていたわけではなかったけれども、堅苦しくない、くつろげる雰囲気の店だった。

ある日そこでハンバーグ定食600円を食べているとき、足元で何か気配がしたことがあった。

覗き込むと、ネコがいた。

「あらー、ダメよぉ」

ガラガラ声の、店のおばちゃんがネコを追いやった。厨房の方へ(笑)。

その光景を目にしてから、この店が好きになってしまった。

海外では(…というと語弊があるかもしれないので「私が行ったことのある国」では、と限定するが)、食堂に動物がいることがよくある。ブータンでは肉料理の骨を床下に落とすと、そこで飼っている犬がコリコリ音を立てて噛み砕くのが常だったし。

しかし日本では、珍しい。

でもこの店の客はそうしたことには鷹揚な人が多いようで、店内には、いつも、まったりした空気が流れていた。
050924neko
もっとも、さすがにそのネコは常に店の中にいるわけではなくて、歓楽街の中を気ままに徘徊していることの方が多かった。

あるときは寿司屋の前で物欲しげに店内をうかがっていたり、またあるときは酔ったカップルに「かわいー」といじられていたり、そしてまたあるときは、斜向かいにあるキャバクラの呼び込みと何事か密談をしていた。

そんな洋食屋が、駅前再開発のあおりで、今日閉店した。

さすがに混んでいるかと思い昼食どきをずらして13時過ぎに行ったら、いつものように数人の客がいるだけだった。

おばちゃんから「今日で最後なんですよぉ。12月頃には移転して、またやりますんで、良かったら来てください」と言われた。

移転先は、数キロ先にある大学の近くらしい。客層がだいぶ変わりそうだ。

退屈しないと良いけどな。ネコ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2005

■業務連絡

11年度2次隊ブ隊員掲示板がサーバごとデリられてしまった模様。

復活希望の者がいたら俺宛にメールよこすように。

以上。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2005

α sweet D+85mm F1.4G

050919toden
今度は、やたらコントラストの高い画が大量生産された。

もう何だか暴れ馬を手繰っているような気が…

ある意味、デジタルの難しさを実感しております。

P.S. …と思ったら、画質モードがいつのまにか「Natural+」になっていたことが原因のようだった。全然Naturalじゃねーよ。デジ画像をフォトショでコントラスト落とすことは滅多にないのに、今日撮ったカットは片っ端から落としまくりっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2005

リコーGR Digital発表

しかし、せっかく発表されたのに、「光学ファインダーがない」とか「CCDが小さい」とか発売前から批判されていて、何だか気の毒な気が…

まったく新しいコンセプトで作られていれば良かったのに、銀塩カメラを手本にして作られているから、どうしても比較されてしまうのでしょうなぁ。

ワタクシ的にはそれほど悪くないとは思いますけど、銀塩GR自体に全く思い入れがないし、触手は動きませんです。もしこれが35mm相当画角で、それなりに力の入ったレンズが付いたコンデジだったら、結構興奮していたかもしれませんけれども。…って、そりゃむしろ「Big mini Digital」か「Hexar Digital」と呼んだ方がよいシロモノでしょうが。


050917ikebukuro
池袋の路傍で見つけた、不思議な色の葉を持った花。→
こーいうのを直感的に撮るとき、コンデジは最強のアイテムなのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2005

自民党圧勝

結局多数派の日本人にとって、政治は、まだ、どーでもいい存在なのである(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2005

ハゲと海と選挙

昨日も休出。しかしハゲ部長も出勤しており、朝、俺に「エアコン付けると電気代が何十万円もかかるんだ(注:ハゲ試算による)。我慢できるのだったら付けるな」と宣言。さすがは仕事の鬼ですな。しかしあなたみたいになるのなら偉くなりたくもないもんですが。で、結局、無空調状態のオフィスで一日を過ごしたためグロッキー。

なので本日は憂さ晴らしの意味で早起きして、α-sweet Dを手に南房総・御宿と勝浦に行く。

最近よく使うカメラがHEXAR RFやKD-500等であるためか、一眼レフでスナップを撮るのが億劫に感じる。以前は海外でも一眼2台で1台は標準系ズーム、もう1台は大口径単焦点を付けっぱなしにして何でも撮っていたものだが。一種の贅沢病か。

海沿いなので24~85mmを付けっぱなしにして撮ったのだけど、できた画は、なんか今イチシャープさが足りないような。うーん、もうちょっと研究要かもしれぬ。

050911onjuku

午後から天気が崩れるとの予報だったので早々に切り上げ、帰宅。雨の中、選挙へ行く。実は、うちは今回、注目選挙区の一つである。そのせいか投票所の前にN●Kの腕章を付けた出口調査らしき男性がいる。声をかけられるかと思い、わざと彼の前をゆっくり通過する。だが、無視される。くそ。しかし悪天候ながら投票所はいつもより賑わっていたような。今回は、投票率高そうだな。少なくともうちの近所は。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 09, 2005

HEXAR RF 生産終了

ついにメーカーから正式発表が。寂しいなぁ…

時の流れと言ってしまえばそれまでだが、残念。しかしこのカメラは、おそらく私の手元に最後まで残る銀塩カメラになると思う。それだけ完成度が高いカメラなのだ。

AFヘキはつい最近売ってしまったけど、これは売らんよ。そう簡単には。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2005

説明会

9/1のタワゴトで触れた説明会が本日、都内某所で行われた。

結局、最初の挨拶とサワリの部分はY田氏、あとは私が資料を用意し、説明することに。

約30人集まった参加者(=Y田氏担当のお客)相手にほとんどぶっつけ本番で業務内容を話す。しかし反応は、思ったより良かったような。

終了後、多くの参加者から名刺を貰った。つーか名刺交換を求められたのだけど、俺はそんなつもりじゃなかったので(今後も俺の担当になるわけじゃないし)自分の名刺を数枚しか持ってきていなかった。中には札幌からいらっしゃった方もいてビックリ。こーいうのを知ってしまうと、やっつけ仕事でこなしてしまったことに対して申し訳なく思ってしまう。

お客さんが帰ったあとでY田氏が一言。

「わかりやすい説明だったようで、ありがとうございました。私もようやく仕組が理解できてきたような」

…わかるの遅杉

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2005

コニカミノルタα-sweet Dファーストインプレ。

買ってしまいましたよ。α-Sweet Digital。

まーいろいろ葛藤はあったんすけどね。結局、手持ちのαレンズが使えることと、現在休眠中及び持て余し気味のカメラを売ることによって、大きな出費がなく入手できるということが 自分に対する言い訳 決め手になったわけですが。あと、先月も残業代が(略

…で昨日、価格com最安値の某店に行った。

しかし売れてるのね、デジ一眼。カメラ専門店じゃないのに。俺の次に並んでいた人はKiss-Dを買っていた。その次の女性は、EFレンズ買っている。…ていうかキヤノンじゃねーかよ、皆。

で、本日初撮り。天気が良ければ遠出しようと思っていたけど、予報があんまり良くなかったので、いつものように、とりあえず近所を走る都電を被写体に。

改めてシャッターを切った印象。たしかにシャッター音は安っぽいかも。好みの問題かもしれないけど、私の持っているカメラの中ではヤシカFX-3 2000に似ている。コパル系?

AFは、遅くもなく早くもなく。動体予測は、もともとあんまり信頼していないので使わなかった。直感で撮るより、じっくり構えて撮る方が向いている機種だと感じた。て言うか、一眼レフ自体そういうもんだろうけど。

で、肝心の描写は、評判通り、コニカ系(=コンパクトのKDシリーズ)の、彩度の高さを感じさせるものだった。でも天気が良くなかったので、青空の描写はまだわからん。

今日は主に24~85mmF3.5~4.5を使ったのだけど、知っている人は知っていると思うが、このレンズの望遠域は描写が甘い。だもんでデジで使うのはどんなもんかと思ったけれど、出来上がった画からは、線が太いながらも、それなりにまとまった印象を受けた。やっぱそれなりにカメラの中の人も考えてるのかね。ちょっと感心しました。

sweetfstpic
↑これは35mm F2で撮影。明暗差ありすぎでデジにはきつい条件だったが。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 03, 2005

カメラを売る

カメラを売るときには、いつも一抹の寂しさがつきまとう。

だからと言って、いつまでも手元に留めておくのはカメラにとっても良いことではない。

基本的に機械は、使われてこそ幸せなものなのだ。

つーことで、今日二台のカメラを売却した。

ひとつはKonica HEXAR Silver。

知る人ぞ知る、35mmF2単焦点レンズ付きの高級銀塩コンパクトカメラ。安っぽい外観に似合わず、描写は素晴らしい。そして私と共にインド・ブータン・タイやフィリピンを旅したカメラだ。思い出も多い。

しかしながら近年はめっきり出番が減り、かつHEXAR RF+ズミクロンAsp.F2という史上最強の35mm装備を手に入れてしまった今、思い出だけのためにいつまでも手元に置き続けるのもよろしくないだろうと、売ることにした。

んで、もうひとつはオリンパスのC-8080 Wide Zoom。35mm換算28~140mmズームレンズの付いた2/3インチ800万画素のデジタルカメラ。高画素機だけあってポテンシャルは高く、デジ一眼を凌ぐ画を作り出すこともある(…と言われる。私が実際比較したわけではないので確信は持てないけど)。

だが、私にとっては使いこなすことが難しいカメラであった。

まず、ファインダーがビデオカメラ等と同じEVF(液晶ビューファインダー)であること。動きものや逆光のシチュエーションで撮るときには使い物にならなかった。

もひとつ、小サイズCCDで高画素・高画質の画を作るため、基本感度がISO50であること。風景を撮るにはいいけれど、日常スナップで使うにはISO50ではしんどいため、結局ISO100デフォで使っていた。だがそうすると、結果として、このカメラのパフォーマンスを最大限生かすことができないのだな。

それからこれも好みの問題ではあるが、CCDサイズが小さいため、望遠域で使っても銀塩の望遠レンズで撮ったときのようなボケや圧縮効果が得られないこと。そんなことは買う前からわかってるだろーが、と言われればそれまでだが、やっぱこのクラスのカメラを使うときには、コンパクトカメラ以上の期待をしてしまうから…。

しかしこれらの点さえ気にならなければ、このカメラはかなり良いと思う。なんだかんだ言って一眼レフより軽くて小さいし。実際、査定額も結構高かった。

と、いうわけで2台のカメラを売って、約70k¥。

今回得た軍資金に若干の小金を足して、だな。

boxofnewcomer

←――(゜∀゜)―――(以下明日以降に続く…

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 01, 2005

合併

実はうちの会社、10月に別の会社と合併する予定である。

と言っても、うちも相手方も同じメーカーの子会社なので、単なる合従連衡の一つなんだけど。

で、相手方の会社と業務システムを統一する打ち合わせを何度か行ってきた。あちらの責任者Y田氏は、元、親会社社員の天下り。概して、こーいうのはタチが悪いのだけど、あちらさんは歴史の浅い会社なので仕方がないところ。

ある日Y田氏と打ち合わせをしていたところ、俺の元上司・Nが話を割って入ってきた。

「Y田さんはね。ぼぼぼぼぼくが30年前に入社したときお世話になったひとなの。それでね…」

Nっつーのは、私がブータンから帰国後初めて共に仕事をした上司で、その脳味噌と言語感覚の壊れっぷりは、俺に「日本人もなかなか捨てたもんだ」と、ある意味強烈なカルチャーショックを起こさせた男である(詳細は「青年海外協力隊物語・最終章」を参照)。そして俺は、部下という立場を忘れて、しばしば仕事で奴に文句を言い怒鳴り散らし、その挙句、1年で担当を替えさせられたという過去がある(そこまでしても俺が冷や飯を食わされず、一方でNもノホホンとしているところが結局うちの会社の甘さなのだが)。

Y田氏がNの元上司であることを聞いたとき嫌な予感が背筋を走ったが、そんなことで偏見を持ってはいかんと思い、あえて気にせずにいた。

そして、今日。

来週の月曜、相手方の会社関係のお客さんを集めてシステム変更の説明会を行なうとのことなので、Y田氏に「うちは何かお手伝いすることありますか?」と念のためTELした。

するとY田氏曰く、

「…説明はすべてそちらにお任せしますから」

(゚Д゚)ハァ?

合併後も俺が担当する予定のないアンタの客に、何で俺が説明しなきゃいけないわけ?

「…いや、私に説明しろって言われても、わかんないし」

じゃあ今までやってきた打ち合わせは何だったんだよ?

「…とにかく全てお任せするつもりです」

あまりに見事な断言っぷりに、それ以上このジジイと話をする気になれず受話器を置いた。

うちの上司には、「…と、あのジジイがおっしゃっていたので、月曜は適当に1時間くらい喋ってきます」と報告。

じょうし、あとで何やらフォローしかけてたっぽいけど、知らん。

でも、とりあえず資料くらい用意しないと説明会に来てくれるお客さんに失礼なので、明日の夜にでも作らなきゃー…(←昼間はそんな暇ない)と思っているところに、Y田氏と共に仕事をしている若手イケメンのHさんから「大丈夫ですか?」とTELを受けた。

「…というわけなので、今回は、こちらでやります。あと、とりあえず今は別会社だけど、一緒の会社になったら、俺、Y田さんにはいろいろ言いたいことがあるから(笑)」

と話したら、Hさんウケていた。やっぱ、そーいうジジイか。さすがNと芸風通じるところがあるわ。

いやー、未来は暗い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »