« スマトラ沖地震。 | Main | 香港旅行記2 »

December 29, 2004

香港旅行記1

最近、長時間の移動のときにはオヤジ系週刊誌を買って熟読することが多い。

ところで、成田のイミグレを越えた免税店で雑誌を買うと消費税がかからないんだな。考えてみれば当然のことなんだけど、支払い金額が妙に中途半端だったので、あーそういえばそうだわなーと気づいた。

今日は香港までのキャセイ機内で『週刊ポスト』の「細木和子2005年相性と運命」を熟読。

それによれば、2005年の運気は「大殺界」の最後。どん底を抜け出しつつある年で、この年を乗り切れば運気も好転するそうだ。で、今年は運気どん底の年だったらしい。なるほどと納得(ここには書けないことで結構辛いことがありましてな…)。
ちなみに俺は金星人+という星で、NHKの海老沢会長や田中真紀子やブッシュ米大統領と同じらしい。彼らと運命共同体なのか。何だか、たとえよく当たろうが信じたくない占いだ。

夜9時過ぎに香港着。

香港はホテル代が高く、空港に着くのも遅い時間だったので、今回は予めネットで安宿を探していた。今回予約したのは、予約サイトの中で最安値だった YWCA。それでも1泊4,300円だから、ネット予約は普通ある程度割引の恩恵が見込まれることを考えると、特に安いわけでもない。

YWCAは繁華街のネイザンロードから10分くらい歩いたところにあった。受付の女性は無愛想。どちらかというと公共性の高い宿だから仕方がないか。部屋に入る。

あ?トイレがない。

え゛ートイレ共同かよ…。昔住んでいた会社の寮を思い出した。決して安くないのに。しかし考えてみれば、公共の宿とはいえ、ここは骨の髄まで資本主義の香港。さすがに慣れ合い主義の日本ほど甘くはない。

しかし運気どん底の年を締めるにふさわしい宿だなぁ…。細木の笑い声が聞こえるようだ。

↓コンビニで買った「柚子茶」。柚子湯のような味がした。て言っても柚子湯飲んだことないけど。とにかく、まずー。
041229


|

« スマトラ沖地震。 | Main | 香港旅行記2 »

■Journey」カテゴリの記事

#China」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 香港旅行記1:

« スマトラ沖地震。 | Main | 香港旅行記2 »