June 16, 2018

[Journey] 福井県坂井市~おおい町 '18. 6.16

せっかく海の近くまで来ていながら足を運ばないというのも何なので、朝、三国港(みくにみなと)という駅まで電車に乗って海を見に行く。


18061601stn
Fukui, CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 6)

駅から3km先には、名勝・東尋坊がある。しかし今回は時間がないため、代わりに徒歩10分のところにある「サンセット・ビーチ」と名づけられた海岸へ。


18061602sunsetbeach
Fukui, SONY α6000 with SONY E 35mm F1.8 OSS (2018. 6)

だが今朝もあいにく天気が悪く太陽も見えず、眺めは冴えなかった。折り返しの電車で福井駅へ。


18061603takeningyo
Fukui, CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 6)

作家・水上勉氏は1963年に、芦原温泉を舞台とした小説「越前竹人形」を発表した。この作品がきっかけで、芦原温泉は竹人形で有名になった。

その水上勉氏の文学館・若州一滴文庫が、彼の出身地の福井県おおい町にある。ここで年に一度、週末に、水上氏が生前に立ち上げた「若洲人形座」による竹人形劇が催される。今年は、今日と明日の二日間だ。今回福井に来た主目的は、このためだった。

おおい町は福井県の西端に近いため、東西に長い福井県を横断する形で移動する。

列車を乗り継ぎ3時間以上かけて、若州一滴文庫の最寄り駅・若狭本郷へ。

若州一滴文庫は2013年に訪ねたことがあり、若狭本郷駅に降りるのもそのとき以来だ。


18061604wakasahongoustn
Fukui, SONY α6000 with SONY E 35mm F1.8 OSS (2018. 6)

1990年の国際花と緑の博覧会で使われた「風車の駅」の建物がそのまま移築された若狭本郷の駅舎は、相変わらず周囲の農村風景と馴染まない様子で建っていた。

若州一滴文庫へ、駅から30分歩く。

竹人形劇の演目は、毎年変わる。

過去5年間の演目は、

2013年「五番町夕霧楼」
2014年「五番町夕霧楼」
2015年「曽根崎心中」
2016年「はなれ瞽女おりん」
2017年「五番町夕霧楼」

…だった。水上氏の作品が演じられることが多い。

個人的には今回、水上氏の作品を見たいと思っていたけれど、今年の演目は人形浄瑠璃のスタンダード・ナンバー「曽根崎心中」だった。

若洲一滴文庫の入口には、幟が立っていた。


18061605wakasuittekibunko
Fukui, CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 6)

人気はあるようで、チケットは売り切れ。


18061606fullhousethanks
Fukui, CASIO HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000 (2018. 6)

180人収容の会場で、ほぼ1時間観劇。熱演に感心しつつも、一方で、悪くいえばある意味人形劇としてはベタな「曽根崎心中」よりも、やはり水上作品を見たかったと思いが残り、また、表情のない人形の姿に少し物足りなさを感じてしまっていた。

人形に表情がないのは言うまでも無く当たり前のことなのだけど、昨晩の「あわらミュージック劇場」の残像がまだ脳裏にあったので、無意識に比較してしまったようだった。見る順番を逆にして「あわらミュージック」には竹人形劇を見た後で行くべきだったな、と自省しつつ、気持ちのいい一本道を歩いて駅へ戻る。今回の旅はこれにて終了っす。


18061607tostn
Fukui, SONY α6000 with SONY E 35mm F1.8 OSS (2018. 6)

| | Comments (0)

«[Journey] 福井県あわら市他 '18. 6.15